うつ病の種類について確認【数種類の神経伝達物質の減少を抑制する】

ウーマン

うつといっても多種

カウンセリング

症状によって治療も変わる

うつ病といいましても様々な種類があり、その種類によって治療法や薬の種類も変わっていきます。しかし誤診されやすい病気でもあるため、もし何らかのうつ病にかかってしまえば患者はどのような症状があらわれてくるのか、ハッキリと医師に伝えなければなりません。その種類は抑うつ病、適応障害、双極性障害など、他にもいろいろとありますが大まかな種類としてよく知られているのが、これらの病気です。抑うつ病はよく知られているネガティブな考えを常に持ち続け、自分自身生きている意味がないような言動を発し、最悪死につなげてしまうケースもある症状です。この場合は緊張感をほぐすことができるよう、抗うつ薬が主に処方され治療していきます。適応障害は普段は何も変わりなく生活することができます。しかし、ストレスを感じるところへ向かおうとすると、とたんに腹痛や頭痛、息苦しさなど人によってその症状が違えど、何らかのつらい症状があらわれてくる病気です。この場合はストレスによる不安を緩和させるために主に、抗不安薬などが処方されながら治療を行っていきます。双極性障害は、躁状態とうつ状態が交互にあらわれてくる病気で、この場合は気分を落ち着かせるために、主に気分安定剤が処方されるといわれています。うつ病で処方される薬の種類の1つである抗うつ薬は、緊張感をほぐすことができるようにするものです。それはいったいどのようにしてなるものかといいますと、薬をのむことにより脳内に幸せホルモンを分泌させる効果を出すことができるようになります。幸せホルモンとはセロトニンのことをいいます。セロトニンとは脳内神経伝達物質の種類の1つであり、脳内に分泌させることで精神的に安定させる働きを行うことができます。しかしうつ病を発症してしまえばセロトニンの量は激減するといわれており、そのため常に緊張感に囚われてしまいます。緊張感により夜眠れなくなり、不眠症になってしまう人は少なくありません。不眠症も重なってしまえばうつ病はさらに悪化してしまうこともあります。それを防ぐためにもセロトニンの分泌はとても重要なこととなります。セロトニンは、薬だけで分泌させていくだけでなく、普段の生活習慣の中でも分泌できるように行動することも大切です。セロトニンは太陽の光を浴びることで、脳内にたくさん分泌されるようになります。つまり、少し散歩でも良いので身体を動かすために少しの時間だけでも外出して、太陽の光を十分に浴びることで症状を軽くさせていくことができるようになります。