うつ病の種類について確認【数種類の神経伝達物質の減少を抑制する】

ウーマン

心の負担を減らそう

聴診器

正しい使用が重要

ストレスなどが原因で起こる気分障害のことは一般的にうつ病と呼ばれており、原因や症状によって様々な種類に分類されています。気分が落ち込む、やる気が無くなってしまうといったうつ状態の代表的症状のみが現れるものは単極性うつ病と呼ばれ、喜ぶといったプラスの感情が長期間無くなってしまうという特徴があります。その他にも、怪我や病気に対するショックや不安が原因で起こる身体因性のうつ病も存在するため、本人にとって辛い経験などがうつの引き金になると言えるでしょう。うつ状態になると脳内における神経伝達物質のバランス異常が起こり、この異常が原因で感情や認知判断機能の低下を引き起こしてしまうと言われています。うつ病の治療には抗うつ剤と呼ばれる専用の薬が使用されるようになっており、種類によって作用は異なっていますが神経伝達物質のバランスを改善するために用いられます。治療効果が高い薬が多く存在するため、なるべく早くうつ状態を改善したい場合や不安症状が大きい場合などに活用されています。抗うつ剤は高い効果が期待されていますが即効性が低いことが多いため、長期間の服用が求められています。抗うつ剤の使用で注意することとして、飲み忘れに注意することと自己判断で中止しないようにすることが挙げられます。ある程度使用し続けることで効果が現れるという種類の薬は、飲み忘れなどで服用を中断してしまうと効果が大きく下がってしまう恐れがあります。うつ状態になるとうっかりミスなどをしやすくなるので飲み忘れに特に注意するようにし、家族の方もできるだけサポートをするようにするのが望ましいと言えるでしょう。また、どんな種類のうつ病でも自覚症状に乏しいという特徴があるため、気持ちが落ち着いてくると治ったと勘違いしやすくなっています。治療期間中に抗うつ剤の使用を急に中止してしまうと、うつ病を再発してしまったり症状が悪化してしまったりする恐れがあります。そのため、処方された薬は正しく使い切り、医師の指示に従って治療を続けていくことが重要であると言えるでしょう。その他にも、薬の治療効果を高めるためにも無理はしないようにし、しっかりと休むようにすることも必要です。