うつ病の種類について確認【数種類の神経伝達物質の減少を抑制する】

ウーマン

うつの原因となるもの

医者

うつに対処する薬

仕事や人間関係、家庭環境など、現代人は様々なストレスに晒されており、それによって気持ちや体に不調が現れることがあります。その不調が一時的なものであれば問題はないですが、ずっと続く場合や、症状がひどい場合はうつ病の可能性があります。うつ病は大うつ病性障害と双極性障害の2種類に分けられ、大うつ病性障害の場合は抑うつ状態だけが、双極性障害の場合は抑うつ状態と躁状態の両方が起こります。どちらの種類も原因は未だにはっきりと分かっていませんが、神経の伝達物質の働きが悪くなることや様々なストレス、環境の変化などが複合することで起こるのではないかと言われています。また人それぞれの性格によっても、うつになりやすい人となりにくい人がいると言われています。世間一般的に責任感が強い、真面目、完璧主義と言われるような人はストレスを溜め込みやすく、心身のバランスを崩してうつになってしまう方がいるようです。うつ病は特別な病気ではなく、誰でもかかってしまう可能性のある病気であるということが言えるでしょう。うつ病かもしれないと気付いたら、まずは精神科に行き、きちんと専門医の診察を受けることが大切です。尿検査や血液検査などの検査はもちろんのこと、今悩んでいる体の症状や、人間関係、生活環境の聞き取りなどを行い、医師はうつ病の診断を行います。うつ病と診断されたら、医師から様々な治療方法を提示されることになりますが、やはり投薬治療は大きな効果をもたらします。うつ病の治療に用いられる抗うつ剤は多くの種類があり、人によって合うもの合わないものが別れます。またどれくらいの量を服用するのかも重要で、多すぎたり少なすぎたりすると、効果が薄かったり、さらに体の調子を悪くしたりすることに繋がってしまいます。抗うつ剤の種類や量、服用回数は、医師とよく相談し、自分にピッタリと合った薬剤を見つけることが大切です。うつ病は軽い風邪や、小さな切り傷のようにすぐに治るということはなく、長期的に治療を行っていくことが必要となります。しかし少しでも早く、また少しでも気持ちと体を楽にするために、医師ときちんと相談し適切な薬剤を使用することは大変重要なことです。